BTCエリオットを意識した場合。

画像

【ビットフライヤーBTCFX 1日足】

BTCは先日の最高値62万1000円を天井として、
調整と言う形になっています。
アルトも同様にこの数日で結構下げ続ていますので、
不安になっている方も多いかも知れませんが、
この下落はある程度想定内の動き(ツイッターでは軽く触れてます)ですし、
上がるにしてもどこかで多少大き目の調整(トレンド方向と逆方向)を入れないと
更に力強く上に上がって行く事は難しいので、
現段階では全く不安になる必要はないと思っています。

今意識されているのは、
この調整がどこまで行くかと言う事と、
今後の展開は上なのか下なのか。

上か下かは勿論両方あると思いますが、
4月に入ってから市場全体に資金が一気に流れ込み、
15兆円→20兆円(現在は19兆円)まで上昇していますので、
これが急激に落ちない限りは目線は上でいいと思っています。

画像

【コインマーケットキャップ 4月1日~現在】


上と仮定した場合
今後の展開としては
エリオットが意識されて来る可能性がありますので、
この動きをざっくりでいいので抑えて置けば
今は上がる前の下落だなと理由を付ける事も出来ますので
多少は不安要素が減るかも知れません。

始点をどこにするかは色々ありますが、
私はとりあえず直近の最安値を始点にしています。
そのもう一個前の最安値でもほとんど変わりませんのでどちらでも大丈夫だと思います。


理想は38.2%か50%辺りまで落ちてから第3波となり最高値(62万)を超えて来ると言う展開ですが、
現在はもう一個上の23.6%付近(56万円)で下げ止まっています。

拡大すると↓

画像

【ビットフライヤーBTCFX 1時間足】

56万円付近=5000ドルですので、
5000ドルが何度も意識されてる状況です。

なのでこの5000ドルに沢山のストップがありますので、
ここを割れたら
一気に38.2%(52万円)付近まで走る可能性があります。

ここまで来たら一気に買われ急上昇すると思います。
(勿論そのまま更に下に行く可能性もありますが。)

このままここから上昇を目指すのか、
もう一段落、もしくは二段落ちてからなのかは分かりませんが、
ある程度の時間的な要素も必要になって来ますので、
調整が終わったら4月2日の様に一気に10万上がると言うより
上に書いたような感じである程度の角度を持った上昇となると想定しています。
瞬間的には強い上昇があるかも知れんせんが
乱高下を繰り返し最終的に第3波の頂点に到達すると言う意味です。



現在ドル円は木曜日~金曜日にかけて1円近く上げて112円になっています。
この辺りは強いレジスタンスラインでもありますので、
ここを抜けるような事があれば113円付近になる事が考えられます。
ドル建てでの価格をチャートではなく頭の中で換算する場合は、
ドルの動きも見て置いた方がいいかも知れませんね。



「仮想通貨取引所バイナンス代表CZ氏、「ビットコインSV」の上場廃止を示唆」(コインポスト)
もう一個気を付けたいのがこれ。
昨年65万円を割れたのはキャッシュの問題を受けたのがきっかけとなりました。
過去にもキャッシュが起因となり相場が動くと言うのがありましたので、
この動きには要警戒です。
バイナンスと言う世界的に大きい取引所からの廃止となれば
影響は確実に出ると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック