BTC三角持ち合いでの攻防中。

画像


【ビットフライヤーBTCFX 15分足】


BTCは100万円前後での
三角持ち合いに突入か?

100万を超えてからの高値と安値をそれぞれに結んだラインの中での動きとなっています。

1時間前にその高値のラインを上抜けた事で急上昇しましたが、
その後ダブルトップを意識されたか、値を戻している状況となっています。

高値を結んだレジスタンスラインがこれからサポートラインとして機能するかどうかの見極めと言う感じでしょうか?

ここから再び上昇となれば
一気に高値更新となり、
数万幅で走りそうですので、
上抜けした時の上昇幅には期待が出来そうですね。


逆の見方としては
90万円台を完全に素通りしていますので、
明確なサポートラインが一切ありません。
現時点では98万円がサポートとして機能していますので、
そこで耐える事が出来ればいいのですが、
それを割ってしまうと急落も想定しておかないといけないですね。
また本日よりビットフライヤーFXのレバレッジが新規建てはレバレッジ4倍に変更になった事で
従来通り15倍で持っている人は7月末まで持ち続ける事が出来る為、
下落が進行してしまうと、この15倍組のロスカを巻き込み
最悪はフラッシュクラッシュの様な急落となる可能性もあるかなと見ています(あくまでも想定しているだけです)


このレバ4倍規制により
現在ビットフライヤーで取引量が激減しています。
ここ1週間での24時間取引量を見ると
3,4日前がピーク時で50万BTC前後
そこから価格は上昇していますが、
取引量は右肩下がりで1日毎に10万BTCずつ減り始め、
現時点では12万BTCまで激減している状態です。

現時点レバ15倍で買いポジションを持っている人が多数いて、
枚数も多い状態かつ、新規で買い増しをする事がほぼ不可能(厳密は出来ますが説明は省略)な為、
下落する事によりその買いポジションの決済売りが発生します。
4倍になった事で新規での買いと
15倍での売りでは
圧倒的に売り圧が強く、
今は買いと売りのバランスが悪すぎる最悪な状態でもありますので、
これから上昇するのであれば問題ないですが、
下落した時は結構ヤバイ事になる可能性も考えられます(あくまでも可能性です)。




上値は103万~105万円(9000~9500ドル)くらいを見つつあわよくば110万円(10000ドル)
下値は98万円を見つつ90~95万円くらいまでを視野に入れて置く
と言った所でしょうか。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック