BTC持ち合い収束域

bitflyer-btcfxjpy-Dec-27-2019-3-47-10.png
【ビットフライヤーFX 5分足】


bitflyer-btcfxjpy-Dec-27-2019-3-49-55.png
【ビットフライヤーFX 日足】


仮想通貨はBTCを中心に全面高となり久しぶりの反発。

今年4月からの持ち合いの収束域でもあります。
日足レベルではあと2,3日下落を続けて74万付近まで下落すると、
サポートラインタッチ&逆三尊の形になり、
そこから下髭を長く付けての反発だと理想的と思っていましたが、
このタイミングで反発して来ました。

サポートラインよりも先に、
2017年のバブル相場そして今年の上昇相場の時にもかなり強く意識されていた、
88万円ラインがありますので、
そこでの挙動にも注目です。

今週末辺りに88万円ライン付近に行くとすると、
サポートラインとクロスするタイミングなので、
88万円を越えると一気に上に突き抜けると言う展開も見えてきます。


ですが、このレジスタンスラインで押さえられた場合は、
下へのブレイクの可能性が一気に高まります。

下方向では65万円付近までは考えています。
そこを抜けてしまうと、
50万から30万までもあり得るかなと見ています。

今後、上値が重く下を試しに行く様であれば
出来るだけ早めにショートを狙いたい状況でもあります。

2020年春~夏あたりには、
BTCの半減期がやって来ます。


今までは半減期になると価格は上昇
と言うのが一般的でしたが、
この半減期では価格が下がるんじゃないかとの予想も結構多く出ていますので、
過去にとらわれ過ぎると、
流れについて行けなくなりますので、
思い込みは捨てて
常にフラットに見て行きたい所。

"BTC持ち合い収束域" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント